出会い系サイトでセフレ募集!1年以上セフレと…(ニヤリ

セフレ募集した体験談です。昨年の夏のことでした。
23歳の僕は高校を卒業して以来、彼女ができず、仕事をする毎日を送っていました。
高校のときの友達と久しぶりに会うと、彼女と海へ行った話とか、付き合い始めてラブラブとか、セフレができたとか、もう羨ましい話ばかりでした。
「俺もセフレを作りたい!」と思い、この夏、セフレを作る決意をしました。

そこで、考えたのです。どうすればセフレを作ることができるか。
彼女であれば、合コンや友達の紹介で出会うことはできます。もちろん、この方法も実践しましたが、週末限定(仕事があるため)になってしまうため、どうしてもチャンスが少なく、時間がかかってしまう。
そんな僕の目に飛び込んできたのは、インターネットの出会い系サイトの広告でした。
「出会い系サイトか。」
出会い系サイトに対して、不正請求をされたり、毎回同じような会話の流れでお金ばかり無駄に使ってしまうんじゃないかと思っていました。
しかし、思ったのです。
ゲームで課金してガチャを引く。当たればでかいが、当たらなかったら捨てたも同然。
で、あれば、出会い系サイトでも同じなんじゃないか。
一度に万単位で使うのは怖かったので、数千円の課金をし、セフレ募集を開始。

次から次へとメッセージへ流れ込んでくる女の子からのメール。
怪しいものも中にはありましたが、本物っぽい子からもメールが届きました。
さらには、こちらが掲示板で探すこともできるので、セフレ募集をしている女の子で本物っぽいプロフィールの子に狙いを定め、3人まで絞りました。

そしてその3人と同時進行でメールスタート。
あまり長引いても嫌だなと思いつつも、自然な会話で誘わないと断られてしまうと思い、慎重にメールを打つ僕。
すると、思いがけないことが。
3人のうちの1人(一番可愛いと思ってた子)から「セフレ募集なんだけど、いつ会える?」とお誘いが!
心の中でガッツポーズ。あまりの興奮に目の前のコーラが泡を立ててこぼれました(笑)
コーラを拭きつつ、約束を取り付けました。

約束の日。
待ち合わせ場所は、梅田のヨドバシカメラでした。
時間より30分も早くついてしまった僕は、待ちゆく女の子を見ながら「この子か?あ、違う。こっちか?あ、違う。」をソワソワ。
すると、「あのー、ケンジさん(僕の名前。もちろん偽名)ですか?」「あ、はい」
目の前に彼女が現れたのです。
正直、その瞬間までは、「やっぱり出会い系だから来ないよなぁ。」と思っていましたが、実際に会えてもう驚きを隠すのに必死でした。
そのままマクドで軽く食事を済ませ、早速ホテルへ。

セフレ募集ということもあり、ホテルに入って即Hへ。
テクニックはあまりうまくありませんでしたが、「もっとぉ」とか、「イク~」と大興奮。
1回では足らず、立て続けに3回戦。
体の相性もよく、終わった後に、「ねぇ、また会えない?」と彼女の方から誘ってくれました。
今では彼女と毎週、激しい夜を送っています♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ