セフレ募集:カーセックスでドキドキ♡おまんこ濡れちゃったよ

1人の夜が寂しくて、出会い系サイトでセフレ募集してみました。
すぐに相手がみつかり、タクシーでホテルに向かいました。タクシーの中から彼はスカートの下に手を差し込み、パンツの上からあそこに指を入れたり、運転手にばれるのではないかとひやひやしました。

部屋を選んでいる時もスカートをまくりあげてパンツの中で直におしりを揉みながら、エレベーターに乗るとパンツの前から完全に中に手を突っ込まれて、私はもうベチョベチョに濡れていました。

部屋に入るとドアを閉めた瞬間からパンツをずらされ、立ったままで股間に顔を埋められ、クリトリスを舐められこすられで、足の力が抜けてしまいました。

セフレ募集で出会うとこういう始まり方もあるのか、と思いながら、ハイハイの状態で部屋の中に進まされて、その間もずっと後ろからいじられており、まだ服も脱がないうちからいかされてしまいました。

彼は勃起したあそこを私にしゃぶらせ、かちかちになったところでやっとベッドに向かいました。
服を脱がされ、もう一度あそこを口に入れ、たまたまも一緒に口に含むと、気持ち良さそうな吐息がもれ、私は彼の顔の上にまたがってあそこを舐めてもらいながら、彼のたまたまを口の中で転がしたり舐めたりと、集中的に責めました。

そこが彼の気持ちいいポイントのようで、すごくセクシーな声であえいでいて、かわいくなり、股の間から裏筋、たまたままでを何往復もしつづけました。

彼は一度起き上がってコンドームをつけると、私を膝の上に座らせてゆっくりと入ってきました。
ディープキスをしながら、彼が私の腰を持ち上げたり落としたりする振動に身を任せ、肩に腕を回して全身で感じました。

彼は私の片足を自分の肩にあげ、ひっかけるような体勢で同じ動きをするので、角度が変わって、すごく刺激的でした。彼は胸を揉みながら私を四つん這いにし、おしりのあなを指でいじりながら、後ろから挿入してき、私はそろそろ限界かなと感じ始めました。

彼も動きが激しくなってきて、興奮が高まってきたところで抜いて寸止めされてしまいました。

私はもう自分から仰向けになり、彼のあそこを自分から導いて、彼を抱き寄せ腰を振ると、もっとしてっ言ってよと耳元でささやかれました。

もっと、お願い、もっとしてと彼を抱き寄せると、彼はオッケーと言って高速で動き出しました。

今度は本気みたいだったので、安心して集中していけました。

彼が横に倒れこみ、遠くに服があちこちに散らばっていました。

二時間みっちりセックスして達成感もあり、久しぶりのセックスが気持ちよくてよかったなと思いました。

また会う?と聞かれたので、外からするの?と
聞くと、俺っていいセフレだとおもうよ?それも込みでスリルとは思えない?と言われ、そうかも、募集してもここまで気持ちいいとは限らないと思ってその後もスリルなことを続けています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ