セフレ募集はセレブ妻

暇つぶしにスマホで出会い系サイトを見てたら掲示板に「セフレ募集今日会える人」の書き込みしてる女性をみつけて即レス
「書き込みありがとう。退屈してるのお話しませんか」
と即メールが来ました。
お相手は28歳 瞳さんでした。
「俺も暇してた。話そう」
とこれもソッコ―返事メールしたら
「レスの速いい人好きよ。私たち気が合うみたいね」
とどんどん話が盛り上がり
「私たち気があうわ。ねえ、あってみない?」
と彼女のほうからの誘いでした。
当然OKです。

待ち合わせ場所は新宿駅の新宿ミロード5階カフェ・ラミル。
実際に会ってみたどこか気品ある清楚な若いマダムにみえます。。
旦那はIT企業に務めているというのです。
なんとセフレ募集してたのはセレブ妻でした。

「主人が海外出張で暇と体を持て余してるの。私寂しいの。一晩だけでもいいから付き合って欲しいの。」
これを断るの男じゃないです。
「一晩と言わず、ご主人が帰るまでお付き合いします」
もうホテル直行です。

ホテルに着いたら清楚なマダムから豹変、妖艶マダム。
下着も高そうでゴージャスなのになんかやたらいやらしいみえます。
旦那が仕事が忙しくてかまってくれないと俺を貪欲なまで求めてきました。
求めに応じようとがんばっちゃいました。
いよいよという時、人妻だし、さすがにゴムは必要だなと思いました。
「生でいいの。中出ししてほしいの。今日は大丈夫なの」
「だから、今日会えるセフレ募集してたの」
ますますがんばちゃいました。
「主人は、こんなに良くしてくれない。あなた、最高ううううううううううう」
リクエストに応えて何度もイカセてあげました。

一晩だけでいいからという話でした。
しかし、彼女から嬉しい申し出がりました。
「お言葉に甘えていいかしら?『「一晩と言わず、ご主人が帰るまでお付き合いします』って」
「もちろんです」
「それから主人が留守の時、また会っていただけます?交通費を出させてもらいますから、一人は寂しいの。お願い」
「もちろんですとも慰めて差し上げます」
「これは、今日の分の交通費です」
なんと交通費に10万円もいただきました。
「主人の出張は5日間ですの。よしくね」
そうこの日から五日間はな日々でした。
毎日,交通費10万円身いただきパラダイスのような5日間です。

そして旦那が留守の時にたびたび、寂しい瞳さんを慰めに行く日々を送ってます。
(その都度交通費もいただてます。)
寂しいセレブ妻もセフレ募集してます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ