童貞くんに手コキで寸止めして筆おろしした話【前編】

寸止め手コキ

サイトで出会った童貞くんと一カ月くらいビデオチャットでお互いの裸やオナニーを見せ合ってたある日。

相手(Y君)から一度会いたいと言われました。

あと、エッチしたら絶対寸止め手コキして欲しい・・・。

とボヤいていたのが印象的でした。

(相当、寸止め手コキというジャンルが好きなのかしら(・∀・)ニヤニヤ)

 

私は見せるのは好きだけど、サイトで知り合った人に実際会うなんて、ちょっと

と思っていたけど、一カ月もチャットしてて、悪い感じは一切なかったのであってみることに。

あ、私は見せたがりなので、基本サイトでもビデオチャットしかしていませんでした。
梅田の東通商店街の入り口で待っていたら

 

Y君が登場。

チャットで喋っていたからお互いすぐわかりました。

そして商店街からちょっとだけ外れたところのホテルへ。
部屋に入ってからはAVをうつし、私はついつい興奮。

(ちなみにAVでも寸止め手コキプレイをしてました笑)

童貞Y君は「いつものように見せてよ」と。

チャットと違い緊張しましたが、私の手は自然とアソコと乳首へ。

そしてイキそうになっているところをいきなりY君が襲い掛かってきました。

Y君は「えみのオナニー見るの大好きだよ、でもオナニーしてるところに襲い掛かるのはもっと好き」と言って、私の胸をわしづかみにしながらしゃぶりついてきました。

そんな強気な事を言っても、初めてのおっぱい夢中になってました。

チャットとオナニーばかりで長いこと誰ともしていなかった私体はちょっと固まってしまいましたが、すぐに胸がイヤらしくかんじてきました。

そして同時にアソコも濡れてきて・・・。

今度は私の番。

童貞ちんぽをイジメ抜いてあげたかったの。

ローションたーっぷりブッかけて、

ぬちゃぬちゃにっちゃにちゃ隠語混じりに手コキ。

 

寸止めで悶絶させてあげようかしら?

と妄想しつつ、スイッチが入った私。

 

そしたら早漏なカレは・・・

長くなったので、続きは次回!!

>>>童貞くんに手コキで寸止めして筆おろしした話【後編】へ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ