千葉の東船橋で童貞卒業!出会い系に現れたのは「童貞にヤラれたい願望」の若妻だった

千葉の東船橋で童貞卒業した体験談です。

千葉の東船橋で童貞卒業

 

ネットの無料動画や画像に満足していたら何時のまにかイイ歳の童貞になっていました

そろそろ童貞を卒業したいなぁと。うわぁぁ本物怖いぃ

とか言ってても仕方ない

「千葉の東船橋で風俗でも探すか」とも思ったが初めてなんだし出来れば素人さんがいいなぁ

早速ネットで 出会い 童貞で検索検索

地元の範囲で絞って掲示板を何個かまわってみたけど

うーむ、みんな顔見せてくれないなぁ

そんな中すっごい飢えた女があらわれた

「童貞君お願いっ私をたべてっ byミカ」

グッときてしまったのでついつい自分を立候補

なんというか急に弱気になってきて「俺キモいよ」とか書いてしまったが

「いいよいいよ」と積極的な返事がかえってくる

会うだけでもいいかな

とミカちゃんとの出会いを決めてしまいました

もう何でもOKOKなんですよ彼女

千葉東船橋なんて寂れた所なのに

「行くよ行く行く」だもの

勢いで主導権を握られて安心感を感じ、恐怖は薄れていきました

 

待ち合わせは東船橋駅(千葉県)

うわっやっぱ怖いなぁ

などと思いつつ電車から降りてくる女性からは目をはなさないでいると

あっ目印の「愛の○○ー○」キャップのとこ持ってキョロキョロしてるっ

えぇぇ若いっ、いいの?いいの?こんな人がってパニくるぐらいの美人さん

ここから記憶が曖昧になります

なんかもう全然慣れてないから誰もいなかったら飛びかかっちゃいそうで

それぐらい自分のコントロールができないんですよ

「ミカです、私でいい」に何度も首を縦に振ったり、○○ー○飲ませてくれたり

それでもう情けないけどデートなんてできずにホテルに直行するしかできませんでした

 

ここだよ

カップルが出入りする所を眺めては興奮していたこのラブホテル

お金をどっちが出すかで少しもめたけど何とか入れました

なんか目の前がチカチカして気絶しそう

なのでミカちゃんに「なんでもおまかせしますっ」って丸投げしました

ミカちゃんはとにかくヤラレたかったんですね

「じゃあもう脱いじゃって」って言われて裸になったら

「もうなんでもいいからやっちゃって」って裸でお尻を突き出すんです

出そうなのを我慢していたのでソコだけを責めました

舐めてはイジり舐めてはイジり

ミカちゃんは喘ぎながら教えてくれました

「私結婚してる」って

旦那の浮気を知らないふりしてたら色々と調子に乗ってきたみたいで

貞操を守るのがバカらしくなったんでしょうね

一応アレがキレイな童貞君を相手に浮気して

それでサッパリ出来るか解りませんが

このシチュエーションで正気を保っていられるはずもなく

「奥さんっ僕の♂で人妻○○○○犯すよぉぉっ」

そう上ずった声で言うとミカちゃんも

「結婚してるけど犯してぇぇー」と叫んでくれます

初挿入の感触は

射精の快感で解らなかったです

ゴムつけてなかったな

ミカちゃんは仕返しHでなんか感慨にふけってました

「しゃぶって」というと跪いて精液♂しゃぶってくれましたよ

これってお掃除フェラだよね

♂元気になったけど、できる?

ミカちゃんうなづいてくれました

種付けしたのと、されたのとで凄く興奮してたのかな

ベットで大股開きになるとミカちゃん○○○○をクネクネさせておねだりします

さっきまで童貞だったくせに「○○○○両手で広げて」とか命令したりして

すぐに応じてくれたミカちゃんの○○○○に男になったばかりの僕の♂をねじこむと

うわぁっ喘いでるっ

本物のHやって女を喘がせてるのに感動と興奮

乱暴に出し入れしてから「奥さん○○○○に出すよっ」というと

「いいよっうわぁあ出されちゃうぅっ」て可愛い声

旦那を気にしながらミカちゃんは童貞キモ男に二度目の中出しを許したのでした

落ち着いた所で「忘れられる?」と質問してみると

「無理だよぉ」とこたえるミカちゃんが愛らしかったです

それまで全く活躍できなかったカメラを使っていっぱい記念撮影しちゃいましたよ

「嫌」と言いながら僕のする事の邪魔はしないミカちゃんなので

旦那がいるのに他の男と愛し合った記録が沢山残りました

しゃぶってる口、精液がこぼれる○○○○

でもやっぱり

三回目のハメながら撮った物が最高ですね

だってミカちゃん興奮して初めて僕にイカされたんです

別れ際に僕と繋がったまま凄い顔してる写真を見せてあげたけど

「それで脅かされてもダメ」っていいながら電車に乗ってしまいました

しばらくはこの思い出でシゴきまくってたけど

再び出会いを求める日がくるんだろうな

童貞卒業最高!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ